スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLCアダプター

2009年06月28日 10:36

先月マンションでワイアレス環境を作ろうと思っていまして、ヨドバシカメラでいろいろ調べてみました。

ルーターを買うと、どこの部屋でもワイアレスで接続できるとは分かりますが、セットアップやmaintainenceが結構面倒ですよね。

前ボストンでもルーターを使っていて、時々落ちたりすることがありました。
旦那はパソコンやネットワークに関してはちょっと苦手なので、私がいないときにネットワークがトラブルがでると困るので、最終的にはワイアレスを諦めてPLCアダプターを購入することにしました。

PLCアダプターとは、コンセントに挿す込むだけで、インターネットに繋がることができる商品です。
初めてPLCを見たのは2年ぐらい前で、うちのお兄さんが実家にセットアップしてあるものでした。
まだあまり普及されていないのですが、個人的にはその便利さに感動しました。

買ったのはパナソニックのPLCアダプターです。

672089334703_0_ALB.jpg

お店の人に聞くと、まだあまり知られていなくて、注目もされていない商品みたいです。
スタートパックの値段はルーターより少し高かったです。広いエリアで使う場合は追加アダプターを買い足す必要があるため、ルーターのほうが経済的だと私も納得しました。でも、我が家では、2人しかいないし、インターネットを使う場所はリビングと書斎だけです。なので、このスタートパックを一個だけ購入すれば十分です。

繋がるまでは結構悩みましたが、使ってみると、やっぱり買ってよかったと思います。
使い方が簡単なので、セットアップする必要もありませんでした。
セキュリティの面もルーターより良くて、接続が落ちることもありません。
ネットのスピードもルーターより明らかに早いので、主人は大満足です。

もし、これからネット環境を作り上げることがありましたら、PLCアダプターをお勧めします。

確かにシャープさんもPLCアダプターを作っていますが、個人的にはパナソニックにしました。
ルックスも大きさもよりスマートですからです。(笑)

この商品をお勧めできない環境:

①一戸建てや部屋数が多いの場合は、部屋ごとに増設用のアダプターを設置するとコストが結構高くなってしまうため、お勧めできないと思います。

②ワイヤレスを使うラップトップやゲーム機などをたくさんお持ちの場合もやっぱりルーターのほうがいいでしょうね。
スポンサーサイト

最近なにがあったというと・・・

2009年06月25日 14:12

先週、友達がボストンから来ていて、ちょっと案内をしていました。
その前は里帰りのパッキングやお土産の買出しでばたばたしていました。

本来日曜日の飛行機でアメリカ経由でカナダに行く予定だったけど、無事にチェックインしてから飛行機に乗り込んで。。。出発する時間になってからパイロットからのこんなコメントがきました・・・

「飛行機の翼に部品が外されているため、新しい部品を東京から送ってもらうところです。しばらくお待ちください。」

東京から部品が送ってくるって。。。もう飛ぶのが無理だなと分かりました。
それなのに、ずっと機内にいたままで(しかも満席)待たせられていました。

経験上、飛行機が数時間遅れてしまうと、フライトクルーが働けなくなるため、新しいクルーを入れ替える必要があります。アメリカの航空会社だったので、日本でいきなり別のクルーを呼び出すことができるわけがありません。それを考えたら、もうほぼキャンセルになるでしょうと覚悟していました。

待つ時間1時間以上経ちまして、ようやくキャンセルの確認ができました。
そこから通関や荷物のアレンジをして、結局再入国して、荷物を取って、ホテル(一応空港の近くにあるホテルで宿泊することになった)のバスを待って、チェックインしてやっと部屋についたのが夜の9時でした。家から出て8時間もたって、結局関空の近くで一泊するのが気持ち的にはかなりブルーだったです。

それはそれでいいですが、一番困ったのはアメリカでの用事に間に合えなくなる恐れでした。

便がキャンセルとなった時点で翌日の乗り継ぎの確認ができなかったのが本当に困っていましたね。航空会社は、直ちに予約カウンターを開くことがなくて、しかも翌日の朝8時にならないと予約センターがオープンしませんでした。関空發でアメリカに行く便は一日たった1便しかありません。8時過ぎると、成田に行って、そこから違う便にのるオプションさえなくなってしまいます。ある意味で、take it or leave itの感じでした。

結局、翌日の朝7時に起きて、予約センターに電話をし、乗り継ぎの便を変えてもらえるかの確認をしたところ、行き先の便が全て満席でした!

元々ぎりぎりなスケジュールで行く予定だったため、一日も遅れてしまったことで全ての計画がパーになってしまいました。

仕方がなく、無理して飛んで行ってもお金も時間も無駄ですので、キャンセルして航空券を返金してもらうことにしました。

そこからまた荷物を持って空港へ行って、旅行保険やレンタル携帯、向こうのホテルの予約などを全てキャンセルしました。

これで大事な用事に行けなくなったのがものすごくパニックになって大変なことになりましたが、仕方がないですね。

せめて金銭の面で最低限の損失で済ませたことがまだ益しでしたかな。

まぁ、でもそのお陰で昨日誕生日の祝いが旦那と二人でができましたので、良いことにしましょう。

おうちの晩御飯

2009年06月17日 11:51

最近あまりご飯の写真を撮っていません。

これもだいぶ前の晩御飯でした。

ボストンにいたとき、健康診断に行ってきたけど、旦那と二人ともコレステロールが高めになっていたので、食事に問題があったと分かりました。
健康を改善するため、今後はできるだけお肉を少なめにすると努力をしています。
日本では肉が高いので、努力しなくてもアメリカにいたときのように肉を大量に食べることがないでしょうけど・・・(笑)

え~と、日本にいるので、和食(?)がメインになりました。

その日のメニュー:

野菜たっぷりの豚肉巻き巻き
きんぴらごぼう
マーボー茄子(旦那の好物)
雑穀ご飯


ちょっとバランスがいまいちだったかな。。。確かにスープも加えたほうが良かったかな・・・と今写真を見たら気がつきました。

栄養のバランスが取れている食事を作るには結構難しいですね。
779398443703_0_ALB[1]

食器はCrate & Barrelsで購入したもです。一年以上も悩んでやっと手に入れたものなので、大事に使っています。

またまたホタル!下賀茂神社ホタル放流

2009年06月16日 13:27

土曜日に友人と旦那3人で京都に行ってきました。

久しぶりの京都はろいろ変わりましたね。。。

今回の目的は、下賀茂神社のホタル放流。
夜8時からなので、午後3時半ぐらいに京都に到着、うろうろしてから目的地に向かうことに。

お箸の専門店で箸置きを購入してからお茶を~

見るとわかるかな?
よーじやのカフェです。
これはアイスCappuccino。結構美味しかったです。
kyoto1.jpg

和パフェと黒糖ケーキ入りの抹茶ムース
kyoto3.jpg kyoto2.jpg

お茶をしてからいよいよ神社へ~
kyoto4.jpg

ホタルを放流する日は売店もあるので、お祭り気分で浴衣姿の人もいました。
浴衣は涼しそうに見えますが、実際は京都の夏にはとても暑いので、この季節にはちょうどいいでしょうね。(^^)
kyoto5.jpg

kyoto6.jpg

さすがに京都!上品なお店が並べていました。
kyoto7.jpg

kyoto8.jpg

歌舞伎を見ながらホタルを放流する時間を待つ。お茶会もありましたが、特別に招待された人に限定でした。ホタルはこの籠の中にいましたよ。
kyoto9.jpg kyoto10.jpg

着いたのが7時前。
既に人がいっぱい!
kyoto12.jpg

日暮れてきましたよ~ん。振り替えてみると、後ろは人でギッシリ!(写真を撮れない状態たったです)景色がきれいだったので、今度また人が込まないときに来てみたいです。
kyoto13.jpg

いよいよ8時!籠が運ばれてきました!
kyoto15.jpg

放流は想像のように一気にホタルが飛び出すではなく、皆葉っぱについているので、時間をかけて出さないといけません。なので、感動するようなシーンよりも、周りのにぎやかさのほうが面白かったかもしれません。(笑)

ホタルの写真は残念ながら取れませんでした。
がんばってもこんな感じにしかなりませんでした・・・
kyoto23.jpg

海外引越しのとき使った引越し業者について

2009年06月15日 13:57

日本に戻ってきて既に2ヶ月以上もたちました。
この2ヶ月の間に引っ越し業者への感想が様々でちょっと書きたいと思います。
長くなりますが、参考になればいいかと思います。

日本から海外への引越し作業

ボストンへ行ったとき、主人の会社がアレンジしてくださった日通のサービスを使いました。
日本から海外への引越し作業はとてもスムーズで快適でした。
時間不足にも関わらず、見積もりから最後まで良い対応をしていただきました。
パッキングも全てやってくれたので、前日までばたばたしていた我々にとっては本当に助かりました。
コストは会社負担だったので、比べることはできませんが、サービスの質というと、かなり良かったと思います。

ボストンについてから1ヶ月半ぐらいでしたか、荷物が届いてからのサービスも良かったと思います。
荷物が目的地に着いたら、まず電話の連絡がきます。搬入日や住所の確認を電話で行われます。通関の手続きも全てやってくれますので、とても楽です。

搬入当日:
たまたまスタッフの一人が知り合いだったので、よりスムーズにやってくれたかもしれません。
日本とアメリカの違いは、チップを渡す習慣があります。いくら渡せばいいのか良くわからなかったため、その友人に聞いてみました。最終的には5ドルずつ渡すことにしました。アドバイスとしては、代表の一人に渡すじゃなくて、個人個人に渡したほうがいいでしょう。なぜなら、場合によってその代表者が皆に渡さないこともあるからです。それに、最初から渡しておくのがおすすめです。

ボストン側では、箱を回収することがありませんでした。そのまま捨てることができるので、この点については特に問題がありませんでした。

海外から日本への引越し作業

そこで、帰国したときの引越しについては感想がいろんな差がありました。

まず、自分で手配しないといけなかったため、日通とやまと二社から見積もりをしてもらいました。

見積もりだけを見ると、日通のほうが多少高く感じましたが、とても正しい見積もりでした。
やまとの見積もりはよりやすかったけど、実際の量と大幅の差がありました。

2社の見積もりと日程を比べて、最終的にやまとにしました。

その原因は下記の3つ:
①都合の良い日に搬出できた
②パッキングもやってくれるサービスがあり(日通の場合、その場パッキングするではなく、倉庫に持っていってからパッキングするみたいので、不安が感じます)
③日通より安かった

実際使った後の感想:
①パッキングのサービスがとても助かりました
②丁寧なサービスでした
③チップは一切受け取りませんので、ある意味で社風が厳しいかも?
④見積もりより大幅高くなったが、それにしても日通の見積もりと同じ値段になったので、パッキングもしてもらったし、いいじゃないかなと思いました。

私たちは荷物がとても多かった上に、前日まで不在だったため、パッキングはほとんどお任せの状態となっていました。当日の作業は午後からだったので、夜の8時過ぎまで行われました。スタッフの人数もどんどん増えてきて、皆早く終らせようと必死で作業をしていた記憶があります。

当日、搬出が全て終わってから日本に入国するときに必要な書類をいくつかを渡されます。
入国してからやまとのカウンターまで持っていくと、手続きが行われます。
関空の場合はカウンターに何も書いてなかったため、最初はわかりませんでしたが、たまたまスーツケースを宅配便で送るときにスタッフが主人の手元にあった書類を見て声をかけてくれましたので、同じところで手続きが行われるんだなとやっと分かりました。
特に難しい手続きでもなかったので、スムーズに完了しました。

日本国内で荷物の搬入について:


nittsu.jpg

①主人の実家に置いてあった荷物の返送:

下請けの業者だったと思いますが、サービスがとても悪かったです。
荷物の搬送だけだったからと言っても、あまりにも愛想の悪さにびっくりしました。
トラックが建物の下に行くのに、セキュリティ用の鉄のポールを外さないといけません。私一人で持ち上げれなかったのを見たときも知らない振りをしました。「手伝ってください」と頼んだらやっと持ってくれましたが、その後すぐに「帰りのとき忘れてしまうかもしれませんので、ポールよろしくお願いします」と言って来ました。最初から戻すつもりがなかったからそう言い出したでしょう!?

荷物もちゃんと置いてくれるようなサービス精神が一切ありませんでした。
できる限り力を使いたくない若者でした。
引越しの荷物を運送しているのに、玄関のストッパーも持っていなかったり、お客さんのものを使って扉を固定させようとしたりすることがちょっと不思議でした。
アメリカから戻ってきたばっかりで、悪いサービスに慣れていたため、文句は言わなかったけど、本当は日通にこの下請けの会社がだめだと一言言いたかったです。

②トランクルームに預けた荷物の返送:

日通から直接運ばれてきたので、サービスも普通に丁寧でした。
組み立てる作業があったけど、ほとんど良くやってくれました。
一番若手の人が衣類のラックをとんでもない形に組み立てたのを見て、我慢できずちょっと「それはちょっと違うと思いますが・・・」と一言を言いましたが、それ以外は問題がありませんでした。
箱も後日取りに来てくれるサービスがありますので、電話をすれば、翌日ぐらいには取りに来てくれました。


yamato.jpg

インターネットで荷物の状況を確認することができるので、後どのぐらいで着くかなとネットで見て、新しい住所や連絡番号をその前に電話やネット上で連絡しておくと良いでしょう。
荷物が着いたら、連絡がきます。搬入日と住所の確認をすれば、後は待つだけでした。

当日:
ボストンからの荷物は特に組み立てる作業がなかったため、搬入するのみでした。
開けて欲しい箱だけを開けてもらって、後は自分でやったほうが簡単と思いました。
箱の回収ですが、主人が電話した日2時間後既に取りに来てくれました。
その際のサービスも丁寧でしたので好印象でした。


2社を使って思ったのは:

①両社とも3人で移動していますが、日通は全体的にスタッフが若い(20-30代)です。
やまとのほうは若い二人に、より年齢が高め(40-50代)で経験が豊富なリーダーが付いています。
若い人のほうが力があるのも事実ですが、年上のリーガーがいると、サービスがより丁寧だったと感じました。

②基本的には家の中まで荷物を搬入したのが一人だったので、箱数の確認についてはやまとのほうがしっかりしていた気がしました。日通のほうはときに2人同時に+速いスピードで搬入していたため、箱の番号を言うのを忘れたこともありました。最終的には特に問題がなかったのでが。。。

③荷物の扱い方や、搬入・搬出のとき、床に紙を敷くことに関しては、両社とも丁寧でした。

④近所迷惑にならないように、廊下やエレベーターの使い方も両社ともきちんとしています。

⑤トランクルームにおいてあった荷物は2年間経っても状態良好。白い食器棚には少し湿気で黄色くなった部分があったけれども、そのぐらいは仕方がないかなと個人的には思います。

全体的には、日通、やまと、どちらも本社からのサービスだと特に悪くなることはないと思います。
両者とも大手なので、信頼できるとは思います。

日通の下請けの悪いサービスを体験して、今度また引っ越すことがありましたら、絶対に値段が高めでも評判の良い業者を使いたいと痛感しました。


バスツアーでホタル鑑賞

2009年06月07日 11:31

昨日は初めて日本国内のツアーに参加しました。
ホタル見たいと結婚する前から言っていて、今までいろんな原因でばたばたしていたため、一度も心からゆっくりできるような旅行ができなかったです。
この前旦那が自らホタルの情報を調べ始めてくれて、それを知ってものすごく嬉しかった。

本来は自分たちで京都で一泊の小旅行でもしようと計画していましたが、最終的にはバスツアーに参加することにしました。

なぜバスツアーというと、京都ではなく、滋賀県にある天の川ホタル祭りに行くことにしたからです。

最初は電車で行って一泊すれば、周りの観光地もゆっくり見れるのでいいかなと思っていました。ただし、泊まりたいホテルがもう満員になっていたため、車がない状況だとなかなか夜のホタル鑑賞にはいきにくくなりますね。

悩んだ結果、日帰りバスツアーに参加することにしました。

宣伝っぽくなりますが、今回参加したのは阪急バスツアーでした。
日程はこちら

ホタルを見るのがメインだけど、その前にはほかの日程もあるのでコストパフォマンスが納得できるツアーでした。

どんなところに行ったというと。。。笑っちゃうかもしれませんが、ほとんど買い物をさせられるところでした(それは当然ですよね。)

12時前の集合で、出発してからまずは岐阜・滋賀方面に向かいました。
途中万博公園も通りかかりました。
観覧車は反対側にありましたので写真をとりませんでした。

577103753703_0_ALB[1]

バス内はトイレがないため、トイレの休憩がありました。
ずっと座っているよりも、バスから降りて少し体を動かしたほうがいいですね。

まずは醒井宿で散策。
普段は絶対いかないような「観光地」でした。本当にバスツアーしかこないような雰囲気でしたね。
でも、水がきれいでしたね。付近に住んでいるのがほとんど年寄りでした。
平和でゆっくりできるので、老後には最高な住むところのかもしれません。

377103753703_0_ALB[1]

そのあとは大理石の工場見学。
実は見学は全くなくて、ただ、製品を見るのとお土産の売店で買い物するだけでした。
個人的には興味がなかったけれども、他の方々はたくさん買い物したりしていました。
なぜかハローキティやアンパンマンの大理石アートが人気でした。
買うのに一個10万円(高さ1mくらいのもの)以上かかるからでしょうか、何故か皆写真を写真を撮るのに盛り上がりました。

その後は胡麻の郷というところに行きました。
胡麻の博物館という施設ですが、ちょっとした展示室のようなところでした。胡麻についていろんな情報やレシピ、歴史も少々見れました。

メインはやはり買い物。
胡麻が好きなので、お菓子を買いました。

夕食前は菖蒲の鑑賞・・・
977103753703_0_ALB[1]

今年の天気が原因でまだ満開じゃなくて残念でした。
来週末には菖蒲祭りがあるらしいですが、それまでも満開しないじゃないかなと予想されています。

777103753703_0_ALB[1]

関が原ではいろんな戦争があったため、歴史のある場所です。
今回は歴史関連のツアーではなかったためあまり見れなかったですが、所々看板や跡がありました。旦那がそっちのほうが興味深くてまたいつか戦いの跡を巡りたいと言っていました。

肝心のホタルは食事の後15分ー20分ほどしか見る時間がなかったです。
大阪に戻る時間もあるので、9時は見ごろと言われていますが、バスは9時前にはもう既に大阪方面に向かっていました。

天の川にはものすごくたくさんのホテルがいると聞いています。雨上がりのむしむしした環境が一番好むだそうです。昨日はあいにく午後から急に晴れてきたうえに風が強かったため、感動するほどの数は飛んでいなかったです。写真を見ると本当に天の川のようにたくさん見れるときがあるみたいですが、そうのはやっぱりなかなか出会えないシーンですよね。

とはいえ、それでもとても十分たくさん見れましたので、嬉しかったです。

見に行ったところは一般の民家の付近でしが、川沿いにライトアップのように小さいホタルがたくさんいました。見上げると、森にも星のようにピカピカするホタルがいくつが飛んでいてまるでアニメに出てきそうな景色でとてもきれいでした。

川の静かな流れ音と蛙の鳴き声、それに目の前の緑と小さい光で作られた絵はなんともいえない平和な気持ちを感じました。

田舎育ちだったので、自然に囲まれて瞬間的に昔に戻ったと感じました。
本当はもうちょっと長くいたかったですね。
そのためにやっぱり一泊して自分で行った方がいいかもしれませんね。

※このツアーはお持ち帰りのものがすごくたくさんありました。
メロン(本当に小さいものですが)、パインアップル、たまねぎやお芋、ステーキなど一人当たり2キロ以上の荷物が持って帰らないといけないので、大きめのエコバッグを持っていったほうがいいかも。

ホタルを見に行ってきました!

2009年06月07日 01:12

金曜日と今日、二日間連続違うところでホタルをたくさんみてきました。

昨日は梅田にあるスカイビルの近くにある自然の森で特別イベントでホタルが放流されました。
町のど真ん中ですので、少しでも見れたらいいなと思って旦那と二人で行ってきました。
あまり写真に写らないので、よく取れなかったのですが、こんな一枚があります。

星に見えるかもしれませんが、スカイビルのそばにある緑色の点はホタルです。(赤い丸で表示しています)
hotaru.jpg

町の中で自然が見れたコントラストが結構面白く感じました。
実はホタルを見るのが初めてで、ちょっと興奮しました。
田舎育ちなのに、見たことがないというのがちょっと不思議だと個人的には思いますが。
先日父親とSkypeでホタルの話をしていたら、「昔、家の庭でも見れたよ!」と言われました。

「私は一度も見たことがないよ!!!何で教えてくれなかったの??!!」

と言い返したら、あっさりと・・・

「ごめんね、きっと忙しかったから言わなかったよね。お姉ちゃんのほうが確かに見たことがあると思うけど。君にも教えるべきだったよね。。。」

本当に教えてほしかったですよね。。。(><)

まぁこうやって子供時代に見れなかったホタルがやっと見れたのでなんか嬉しかった。


このイベントは6月の中旬まで行われますので、興味のある方は是非行ってみてください。

たくさんではないですが、梅田にあるので便利です。
入場料無料で10時までホタルを見ることができますよ。

富士通をブラックリストに・・・

2009年06月05日 11:45

私には「パソコン壊し上手」という新しいあだ名があります。

何でだろうと前ずっと思っていたけど。今までウィルスとかに当たったことがなく、変な使い方もしないのに、なんとなく2年間ぐらいにパソコンの電源が勝手におちったりし始めるんだね。。。

結婚前はそういうこともなかったのに、何で結婚してからパソコン壊す上手になってきたんだろう?

この謎はこの前ボストンで解けました。

きっとネットテレビを見すぎたからです。ストリーミングなどでHDに過剰の負担をかけてしまったので、過熱で死んでしまっんだね。

原因わかってからボストンでずっと大事に使っていたノートパソコンを再インストールしてからネットテレビを見ないことにしました。再度壊れないようにHDとグラフィックカードに最小限の負担をかけようとしています。

日本に帰ってきて、ソフトなどの事情でやっぱり日本語OSのパソコンが必要だなと思い始めました。
というわけで、新しいデスクトップを購入することに決意しました。
できる限り出費を抑えたかったため、前日本で使っていたモニターを再利用する方針で、新しい本体だけを買いました。

結局わかったことは。。。モニターが「使えない」とのことでした。

前使っていたデスクトップはFujitsuのもので、ずっと知らなかったけど、モニターの端子は専用のものとなっているのね。

979398443703_0_ALB[1]

いろいろと調べてみたら、特別の端子アダプターも売ってはいますが、うちの型番に限って確実に変換できるかはわからないみたいです。

リスクを負って5000円の部品を買うか、2万円くらいで新しいモニターを買うかといろいろと検討したところ、やっぱり先のことを考えて新しいモニターを購入することにしました。

それにしても10万円以内にぼちぼちいいデスクトップを購入できましたので、まいっかと思います。

結論としては、今後は富士通のパソコンはもう買いません。
HDは評判もいまいちみたいだし(実際の経験もよくなかった)、モニターのケーブルも自社専用となっているのがつる過ぎると思います。
デザインがいいけれども、見かけだけじゃ無駄ですね。

さって、その富士通のモニターをどうやって処分しようかな?

今年も梅酒を浸けました

2009年06月03日 08:48

6月に入ると八百屋さんでは梅がたくさん売っていてついつい目に留まっちゃうです。

ボストンに行く前も一度梅酒を作りましたので、容器がちゃんとあるし、また作ろうかなと思い始めたんです。

氷砂糖、黒糖などもあるので、昨日はついに梅とホワイトリカーを買ってきて浸けました!
酒屋さんに行くといろいろと教えてもらえるので、とにかくアルコール度が35度以上ではないと腐ってしまうということがわかりました。(^^)b

今回はこんな割合で浸けました。

本当はそのまま氷砂糖とホワイトリカーのみでつけるのが一番さわやかなものになるでしょうけど、ブランデー(安いものにしちゃったけど・・・)と黒糖も入れました。
289398443703_0_ALB[1]

黒糖が入れたため、ブランデーは入れないほうがいいじゃないかなと後から思いましたが、もう後悔できないね。(^^;;

おいしくなるといいですね。

京セラの件は結局・・・

2009年06月03日 08:36

この前京セラの件ですが、メールで問い合わせすることにしました。
そこで、着払いで送ってくださいといわれたので、壊れた調理器具を送りました。3日後ぐらいに新しいデザインのものを届きました。それに受ける容器まで頂きました。

31HHZWM4E7L._SL500_AA280_[1]


対応がとても良くて本当にいい印象が残りました。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。