スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚前後

2007年03月09日 15:24

急に思い出し事だけど。

昔ロンドンにいる従兄のお宅をお邪魔したとき、日本人の奥さんが毎晩従兄が帰宅するまで遅くなっても食事を食べずに待っていたことを聞いてびっくりしたこと。

先に食べてもよかったのに~と即口に出した。

でも、自分自身今の状況になってみると、やっぱり待ちますね。

主婦でいれば、一日一人っぽちだし(子供がいないときね)、せめて夕食ぐらいは旦那と一緒に食べながら会話したいわけだからさ。遅くまで待つのが逆に気にしなくなってきたね。

但し、仕事していたら、旦那が遅くなると分かっていれば、先に同僚とか友人でも呼んで一緒に食べに行くかもしれないけどね。

皆さんはどう思う?結婚する前と結婚してから、知らないうちに変わってきたことがある?

ブログランキングやってま~す、よろしくお願いします!

banner_02[1].gifThank you for supporting my blog!! (^-^)/


コメント

  1. 白鳥麗子 | URL | -

    福岡に居る香港人の友達は毎晩9時以降帰宅の旦那を待って夕飯を食べる。
    私にはできないと思う。
    待てないではなく、なんでこんな時間にならないと
    帰らないことが理解できない。
    たまになら良いけど、結婚して5年間、
    9時前に帰ってきてくれたことが一度もないだって。
    日系の会社に長く働いてたので、
    そういう家に帰らない亭主をいっぱい見てきたから、
    もし今の旦那が普通の会社員なら結婚しなかったと思うね。
    結婚して変わったのはやっぱり結婚前より節約するようになったかなぁ。。

  2. 陳さん | URL | 3hri4u1c

    陳夫人も食べるために生きている!

    陳夫人は一緒の行動は好きなタイプですが
    ご飯だけは待たないタイプです。なぜなら、この
    世の中で食べることが最も幸せだと思っている
    からです。(笑)この前みんなで会った時も食べ物
    関係の話をかなりしましたよね~。
    でも、料理が出来るっていう妻はありがたいですね。

  3. ukishima | URL | -

    >麗子さん、
    その気持ちは分かりますね。
    幸い、うちの旦那は最近そんなに遅くないのでほっとしてます。
    残業やるのが仕事に対する熱心と扱われるので、やらないほうはどこかで損なるという変な考え方を持っているアジア人。
    外国では、残業するのも普通ですが。多くの人たちはそれを「効率低い」という言い方もするもんね。

    節約はね、うちもしてます。
    やっぱり共働きのほうが余裕ですもんね。(^^)b
    環境は人を変えるもんだわ。。。

  4. ukishima | URL | -

    >陳さん、
    ご飯だけは待たないですか?
    まぁ、でもいつも一緒にいるもんな~♪
    確かに食べるときは幸せな時間ですね。
    食べるために生きているからね!我々は。(^^;;

  5. 午後紅茶 | URL | -

    もし子供いなかったら待ちかもしれませんね。

    一人のご飯は美味しくないもんね。 でも予定は教えて欲しいね、待って待って結局夕飯は要らないのメール来たら本当に失望と思う。

    うちの旦那は毎晩超ーーー遅いです。
    私はチビ二人がいるから勿論夕飯は待てません。(汗)
    いつも何時帰宅?かな?分からない位だわ。
    (いつも爆睡中)
    子供産んだらこう言うもんかな?(笑)

  6. ukishima | URL | -

    >紅茶さん、
    待つ気持ちは私と紅茶さんは同じだね。

    やっぱり子供がいると毎日のスケジュールが変わるんだ。
    紅茶さんの旦那さんいつも遅いんだ、うちの旦那はあまり付き合いがないので、残業も結構自分で判断できてます。ご飯は大体家でとってる。遅くなるときは「先に食べて」とメールくれるんです。それはまだましかな?
    (所以我驚o係日本生BB!一個人点頂阿。。。)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ukishima2060.blog76.fc2.com/tb.php/197-409c2284
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。