スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカでは、主導権を持ってなんでも聞いてみましょう~

2009年03月18日 22:29

アメリカでは結構皆主導権を持って自分の意識で生活をしています。
文化的には日本と正反対なところが多いですので、謙遜な態度よりも、自信を持つのが大事です。

日常生活の中でも、やってきた結果をそのまま受け止めることより、気になることがありましたら、どんどん確認してもいいです。(日本だったら、Trouble makerと呼ばれるでしょうが・・・)

例えば、日本で街を歩いているとき、前の人がちょっとじゃまになっていても、可能であればちょっと避けるでしょうが、ここでは、避けるよりも、目の前まで行って、「excuse me」と言うのが普通です。それは「私もここをあるく権利があるから、邪魔になっているあなたが悪い」という考え方を持つ人が多いからでしょう。

スーパーの中でも、カートがど真ん中に置く人が必ず見ます。
ここの人だと、勝手にそのカートを移動させますね。日本だと、多分出来るだけ避ける方法を選ぶかもしれません。

日本に帰ってからまた逆カルチャーショックを受けると思います。慣れるまで時間かかりそうですね。。。

ちょっと話を変わりますが、ここでのクレジットカードを利用していると前話しましたが。
年会費、お支払いが遅くなったときの罰金、上限を超えたときの罰金などは電話してみると免除してもらえるのです。基本的には、きちんと毎月払っている場合は、気軽に「OK!」といわれます。
何も言わずにそのまま払う人も多いですが、聞いてみると結構簡単に節約できます。
日本ではCitibankのクレジットカードの年会費を免除してもらったことがありますが、他の銀行のカードは今まで聞いてみたことがないですので、今度それも聞いてみようかな。。。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ukishima2060.blog76.fc2.com/tb.php/514-b34288bd
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。