スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスツアーでホタル鑑賞

2009年06月07日 11:31

昨日は初めて日本国内のツアーに参加しました。
ホタル見たいと結婚する前から言っていて、今までいろんな原因でばたばたしていたため、一度も心からゆっくりできるような旅行ができなかったです。
この前旦那が自らホタルの情報を調べ始めてくれて、それを知ってものすごく嬉しかった。

本来は自分たちで京都で一泊の小旅行でもしようと計画していましたが、最終的にはバスツアーに参加することにしました。

なぜバスツアーというと、京都ではなく、滋賀県にある天の川ホタル祭りに行くことにしたからです。

最初は電車で行って一泊すれば、周りの観光地もゆっくり見れるのでいいかなと思っていました。ただし、泊まりたいホテルがもう満員になっていたため、車がない状況だとなかなか夜のホタル鑑賞にはいきにくくなりますね。

悩んだ結果、日帰りバスツアーに参加することにしました。

宣伝っぽくなりますが、今回参加したのは阪急バスツアーでした。
日程はこちら

ホタルを見るのがメインだけど、その前にはほかの日程もあるのでコストパフォマンスが納得できるツアーでした。

どんなところに行ったというと。。。笑っちゃうかもしれませんが、ほとんど買い物をさせられるところでした(それは当然ですよね。)

12時前の集合で、出発してからまずは岐阜・滋賀方面に向かいました。
途中万博公園も通りかかりました。
観覧車は反対側にありましたので写真をとりませんでした。

577103753703_0_ALB[1]

バス内はトイレがないため、トイレの休憩がありました。
ずっと座っているよりも、バスから降りて少し体を動かしたほうがいいですね。

まずは醒井宿で散策。
普段は絶対いかないような「観光地」でした。本当にバスツアーしかこないような雰囲気でしたね。
でも、水がきれいでしたね。付近に住んでいるのがほとんど年寄りでした。
平和でゆっくりできるので、老後には最高な住むところのかもしれません。

377103753703_0_ALB[1]

そのあとは大理石の工場見学。
実は見学は全くなくて、ただ、製品を見るのとお土産の売店で買い物するだけでした。
個人的には興味がなかったけれども、他の方々はたくさん買い物したりしていました。
なぜかハローキティやアンパンマンの大理石アートが人気でした。
買うのに一個10万円(高さ1mくらいのもの)以上かかるからでしょうか、何故か皆写真を写真を撮るのに盛り上がりました。

その後は胡麻の郷というところに行きました。
胡麻の博物館という施設ですが、ちょっとした展示室のようなところでした。胡麻についていろんな情報やレシピ、歴史も少々見れました。

メインはやはり買い物。
胡麻が好きなので、お菓子を買いました。

夕食前は菖蒲の鑑賞・・・
977103753703_0_ALB[1]

今年の天気が原因でまだ満開じゃなくて残念でした。
来週末には菖蒲祭りがあるらしいですが、それまでも満開しないじゃないかなと予想されています。

777103753703_0_ALB[1]

関が原ではいろんな戦争があったため、歴史のある場所です。
今回は歴史関連のツアーではなかったためあまり見れなかったですが、所々看板や跡がありました。旦那がそっちのほうが興味深くてまたいつか戦いの跡を巡りたいと言っていました。

肝心のホタルは食事の後15分ー20分ほどしか見る時間がなかったです。
大阪に戻る時間もあるので、9時は見ごろと言われていますが、バスは9時前にはもう既に大阪方面に向かっていました。

天の川にはものすごくたくさんのホテルがいると聞いています。雨上がりのむしむしした環境が一番好むだそうです。昨日はあいにく午後から急に晴れてきたうえに風が強かったため、感動するほどの数は飛んでいなかったです。写真を見ると本当に天の川のようにたくさん見れるときがあるみたいですが、そうのはやっぱりなかなか出会えないシーンですよね。

とはいえ、それでもとても十分たくさん見れましたので、嬉しかったです。

見に行ったところは一般の民家の付近でしが、川沿いにライトアップのように小さいホタルがたくさんいました。見上げると、森にも星のようにピカピカするホタルがいくつが飛んでいてまるでアニメに出てきそうな景色でとてもきれいでした。

川の静かな流れ音と蛙の鳴き声、それに目の前の緑と小さい光で作られた絵はなんともいえない平和な気持ちを感じました。

田舎育ちだったので、自然に囲まれて瞬間的に昔に戻ったと感じました。
本当はもうちょっと長くいたかったですね。
そのためにやっぱり一泊して自分で行った方がいいかもしれませんね。

※このツアーはお持ち帰りのものがすごくたくさんありました。
メロン(本当に小さいものですが)、パインアップル、たまねぎやお芋、ステーキなど一人当たり2キロ以上の荷物が持って帰らないといけないので、大きめのエコバッグを持っていったほうがいいかも。


コメント

  1. 阿媽 | URL | mQop/nM.

    你咁開心就好嘞,,阿媽最驚虫,,,野虫都唔点,,如果比隻蛍火虫飞埋黎,阿媽可能會大大大聲咁叫出黎

  2. an-an | URL | LJZjU7Sc

    點知你返咗o黎日本呀!おかえりなさい~(^^)
    今住んでいるのは関西ですか?

  3. ukishima | URL | -

    >阿媽、
    蛍火虫夜晩見o呉到個身、OKo家。(^^)b
    好似粒光飛飛下o甘之o麻。

    >an-anさん、
    ただいま~!
    今も関西ですよ。関東にも住んでみたいね。(笑)
    まぁでも関西のほうが食べ物が美味しいもんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ukishima2060.blog76.fc2.com/tb.php/532-b9ef4d78
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。