スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外引越しのとき使った引越し業者について

2009年06月15日 13:57

日本に戻ってきて既に2ヶ月以上もたちました。
この2ヶ月の間に引っ越し業者への感想が様々でちょっと書きたいと思います。
長くなりますが、参考になればいいかと思います。

日本から海外への引越し作業

ボストンへ行ったとき、主人の会社がアレンジしてくださった日通のサービスを使いました。
日本から海外への引越し作業はとてもスムーズで快適でした。
時間不足にも関わらず、見積もりから最後まで良い対応をしていただきました。
パッキングも全てやってくれたので、前日までばたばたしていた我々にとっては本当に助かりました。
コストは会社負担だったので、比べることはできませんが、サービスの質というと、かなり良かったと思います。

ボストンについてから1ヶ月半ぐらいでしたか、荷物が届いてからのサービスも良かったと思います。
荷物が目的地に着いたら、まず電話の連絡がきます。搬入日や住所の確認を電話で行われます。通関の手続きも全てやってくれますので、とても楽です。

搬入当日:
たまたまスタッフの一人が知り合いだったので、よりスムーズにやってくれたかもしれません。
日本とアメリカの違いは、チップを渡す習慣があります。いくら渡せばいいのか良くわからなかったため、その友人に聞いてみました。最終的には5ドルずつ渡すことにしました。アドバイスとしては、代表の一人に渡すじゃなくて、個人個人に渡したほうがいいでしょう。なぜなら、場合によってその代表者が皆に渡さないこともあるからです。それに、最初から渡しておくのがおすすめです。

ボストン側では、箱を回収することがありませんでした。そのまま捨てることができるので、この点については特に問題がありませんでした。

海外から日本への引越し作業

そこで、帰国したときの引越しについては感想がいろんな差がありました。

まず、自分で手配しないといけなかったため、日通とやまと二社から見積もりをしてもらいました。

見積もりだけを見ると、日通のほうが多少高く感じましたが、とても正しい見積もりでした。
やまとの見積もりはよりやすかったけど、実際の量と大幅の差がありました。

2社の見積もりと日程を比べて、最終的にやまとにしました。

その原因は下記の3つ:
①都合の良い日に搬出できた
②パッキングもやってくれるサービスがあり(日通の場合、その場パッキングするではなく、倉庫に持っていってからパッキングするみたいので、不安が感じます)
③日通より安かった

実際使った後の感想:
①パッキングのサービスがとても助かりました
②丁寧なサービスでした
③チップは一切受け取りませんので、ある意味で社風が厳しいかも?
④見積もりより大幅高くなったが、それにしても日通の見積もりと同じ値段になったので、パッキングもしてもらったし、いいじゃないかなと思いました。

私たちは荷物がとても多かった上に、前日まで不在だったため、パッキングはほとんどお任せの状態となっていました。当日の作業は午後からだったので、夜の8時過ぎまで行われました。スタッフの人数もどんどん増えてきて、皆早く終らせようと必死で作業をしていた記憶があります。

当日、搬出が全て終わってから日本に入国するときに必要な書類をいくつかを渡されます。
入国してからやまとのカウンターまで持っていくと、手続きが行われます。
関空の場合はカウンターに何も書いてなかったため、最初はわかりませんでしたが、たまたまスーツケースを宅配便で送るときにスタッフが主人の手元にあった書類を見て声をかけてくれましたので、同じところで手続きが行われるんだなとやっと分かりました。
特に難しい手続きでもなかったので、スムーズに完了しました。

日本国内で荷物の搬入について:


nittsu.jpg

①主人の実家に置いてあった荷物の返送:

下請けの業者だったと思いますが、サービスがとても悪かったです。
荷物の搬送だけだったからと言っても、あまりにも愛想の悪さにびっくりしました。
トラックが建物の下に行くのに、セキュリティ用の鉄のポールを外さないといけません。私一人で持ち上げれなかったのを見たときも知らない振りをしました。「手伝ってください」と頼んだらやっと持ってくれましたが、その後すぐに「帰りのとき忘れてしまうかもしれませんので、ポールよろしくお願いします」と言って来ました。最初から戻すつもりがなかったからそう言い出したでしょう!?

荷物もちゃんと置いてくれるようなサービス精神が一切ありませんでした。
できる限り力を使いたくない若者でした。
引越しの荷物を運送しているのに、玄関のストッパーも持っていなかったり、お客さんのものを使って扉を固定させようとしたりすることがちょっと不思議でした。
アメリカから戻ってきたばっかりで、悪いサービスに慣れていたため、文句は言わなかったけど、本当は日通にこの下請けの会社がだめだと一言言いたかったです。

②トランクルームに預けた荷物の返送:

日通から直接運ばれてきたので、サービスも普通に丁寧でした。
組み立てる作業があったけど、ほとんど良くやってくれました。
一番若手の人が衣類のラックをとんでもない形に組み立てたのを見て、我慢できずちょっと「それはちょっと違うと思いますが・・・」と一言を言いましたが、それ以外は問題がありませんでした。
箱も後日取りに来てくれるサービスがありますので、電話をすれば、翌日ぐらいには取りに来てくれました。


yamato.jpg

インターネットで荷物の状況を確認することができるので、後どのぐらいで着くかなとネットで見て、新しい住所や連絡番号をその前に電話やネット上で連絡しておくと良いでしょう。
荷物が着いたら、連絡がきます。搬入日と住所の確認をすれば、後は待つだけでした。

当日:
ボストンからの荷物は特に組み立てる作業がなかったため、搬入するのみでした。
開けて欲しい箱だけを開けてもらって、後は自分でやったほうが簡単と思いました。
箱の回収ですが、主人が電話した日2時間後既に取りに来てくれました。
その際のサービスも丁寧でしたので好印象でした。


2社を使って思ったのは:

①両社とも3人で移動していますが、日通は全体的にスタッフが若い(20-30代)です。
やまとのほうは若い二人に、より年齢が高め(40-50代)で経験が豊富なリーダーが付いています。
若い人のほうが力があるのも事実ですが、年上のリーガーがいると、サービスがより丁寧だったと感じました。

②基本的には家の中まで荷物を搬入したのが一人だったので、箱数の確認についてはやまとのほうがしっかりしていた気がしました。日通のほうはときに2人同時に+速いスピードで搬入していたため、箱の番号を言うのを忘れたこともありました。最終的には特に問題がなかったのでが。。。

③荷物の扱い方や、搬入・搬出のとき、床に紙を敷くことに関しては、両社とも丁寧でした。

④近所迷惑にならないように、廊下やエレベーターの使い方も両社ともきちんとしています。

⑤トランクルームにおいてあった荷物は2年間経っても状態良好。白い食器棚には少し湿気で黄色くなった部分があったけれども、そのぐらいは仕方がないかなと個人的には思います。

全体的には、日通、やまと、どちらも本社からのサービスだと特に悪くなることはないと思います。
両者とも大手なので、信頼できるとは思います。

日通の下請けの悪いサービスを体験して、今度また引っ越すことがありましたら、絶対に値段が高めでも評判の良い業者を使いたいと痛感しました。




コメント

  1. めい | URL | OkomYmsg

    お疲れ様でした

    とても参考になる記事をありがとうございました!!
    うちもヤマトなので安心しました。
    ヤマトは当日のパッキング作業に1時間一人あたり60ドルかかると言われたので、なるべく自分で作業して節約しています(笑)
    結局何箱になりましたか?我が家は30箱くらいの予定です(^^;)

  2. ukishima | URL | -

    >めいさん、

    ヤマトのパッキング作業が一時間一人あたり60ドルって高いね。
    でも、そう考えたら、あんなにやって頂いても日通の見積もり当時の値段と変わらなかったのがすごいよね。
    ちなみに、私たちは54箱もありましたよ!それで自己負担分が結構の金額になったの。(><)
    自分でパッキングしていたら、数が減らせたとはおもいますが。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ukishima2060.blog76.fc2.com/tb.php/533-03ce2688
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。