スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我家旦那 / Hubby

2006年11月22日 18:06

日本人の旦那が食べれないものが少ないため、料理をするときも結構簡単だ。

そんな彼だが、食べれないものがいくつがあります。

「蝋腸」(中華ソッセージ)、「沙茶醤」(台湾のサテソース)、お粥、酔鶏(酔っ払いチキン)

とにかく、甘い肉と冷たい肉は食べれないらしい。(でもさ、肉じゃがだって甘いのにね~)

香港に行くたび「食べたい!食べたい!」と言ってくるもの:
ドリアン、九龍城徳昌魚蛋粉、喜記避風塘炒蟹等等。

半年前香港に行ったとき、マンゴーの豪快な食べ方(皮を剥いて丸ごと口で噛みながら食べること)を体験させた以来マンゴーもすっかり気に入ったみたい。

そんな彼も実はどんどん料理にうるさくなってきた。やっぱり香港に行ったりすると、日本の中華はなかなか美味しいと思えなくなったみたい。招待を受けて高い中華を食べに行ったあと、「どうだった?」と聞いても「普通かなぁ」と答えてくる。

実はお菓子に対しても厳しくなってきたよ。去年たくさん食べさせたせいか、今はもう喫茶店に入ったりする気がしません(すごくおいしそうなお店以外ね)。

昨日エッグタルトを作ったので、喜んで一気に3個も食べてくれました。彼はエッグタルトを食べたことがないってさ、今度香港に行ったときたべさせてあげなくちゃね!(^^)b

まぁうるさくなってきたと言っても家では文句はなく何でも美味しく食べてくれるので一安心。

でも、彼は素直に言わない人なので、実際何を食べたいかはよく分からないですね。一緒にスーパーに行ったりするけど、いつも魚を見つめて買いたいじゃないかなと思うの。しかし、「買おうか?」と聞いたら「いや、別にいいよ、見てただけ。」みたいな答え。超控えめな人です。しつこく聞くと、嬉しそうに「うん」と言いながら好きな魚をかごに入れる風景もよくある。(可愛いでしょう?!)

揚げ物が大好きですが、家でも滅多に作らないので一人でこっそりと外で食べてるみたい。

こんな怪しげな旦那、食べ物をパクパク食べながら体重も超気にしています。500gだけでも大騒ぎするなのに、一気にエッグタルトを3つもたべるなんて自己責任覚悟できない人だなと思うよね。

都唔知好嬲定好笑!



Hubby is pretty easy going in terms of food.
He eats basically anything that I'd make at home. But there are a few things that he doesn't like.

Chinese sausage, Taiwanese satay sauce, druken chicken, Chinese congee...etc.

All in all, he doesn't like meat that's sweet or cold. But I don't understand why he likes nikujaga, a Japanese dish that they make the meat sweet.

Things that he loves so much he'd want to eat every time he goes to Hong Kong are durian, Hong Kong style fried crab, fish ball noodle...etc.

And since I told him how to enjoy mango by peeling it and biting it off directly rather than using spoon and knife, he started to like mango too.

But this guy is indeed becoming more picky on Chinese food. With all the good food he's had in Hong Kong he's no longer interested in Chinese food in Japan. Even when he gets to eat at some expensive Chinese restaurant in here, he still wouldn't find them too delicious.

And he is picky on sweets too. Cuz' I brought so many different things home last year he's learnt how to distinguish them. We no longer eat at little cafes anymore (except ones that are very delicious looking).

I'm lucky that he is not picky when he eats at home. And he appreciates whatever I cook. But one problem is he loves deep fried food and tends to eat those when he's at work. (I don't make deep fried food at home). And with that eating habit, he comes home and munched 3 egg tarts after dinner and went to check his weight after.

Who can tell him how to stay slim with a huge appetite like this?!

ブログランキングやってま~す、よろしくお願いします!
Thank you for supporting my blog!! (^-^)/


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  2. salmonsuisi | URL | -

    Ukishima San,
    日本人は嫌いか、好きじゃないか、YES OR NOなんてあまり直接に言いたくないの習慣がありますよ(特に男だね!)。
    うちの旦那も食べられないものもたくさんがあります。例えば、きゅうり、しいたけ、豆、海老。。。。これはよく使う材料なので、少し入れたら、ぜんぜんたべないて困っています。最初、彼も言ってくれなかったけど、嫌いものを入れたおかずがいっぱい残して、直ぐ了解しました。
    本当に旦那心中の蟲にたらないと大変だとおもいます。

    私はUkishimaさんと白麗子さんのBLOG よく見て、たくさん料理の作り方を勉強しました。ありがとうね!

    これからもよろしくお願いします!

  3. ukishima | URL | -

    >salmonsuisiさん、
    こんにちは~。
    そうですね、日本文化で自分の意見をはっきり言わないところが難しいですね。でも、せめて夫婦の間はちゃんと言って欲しい前提で旦那に言っていますが、やっぱり時間かかりそうです。「以心伝心」って難しいものですね。

    私は決して料理上手じゃないけど、勝手にアップしてるだけなので、参考になると言われると嬉しいな~。
    また遊びに来てください~~♪

  4. 白鳥麗子 | URL | -

    うちの人は好き嫌いが少ない。
    じゃが芋やレバーは嫌いみたいけど、
    作ったら全部食べてくれる。
    じゃ、嫌いじゃないだろうと思うね。

    Salmonsuisiさん、今晩は。
    うちのブログにも来てくれました?
    コメントはまだ?かなぁ?
    或いは違うニックネームかなぁ?
    同じ香港人嫁同士で頑張りましょうね。

  5. ukishima | URL | -

    >麗子さん、
    ちゃんと食べてくれるんだったら嫌いじゃないでしょうね。
    料理長っていいですね!
    でもレバーは作り方によって本当に味が変わるからね、きっと麗子さんの料理が美味いから何でも食べてくれるようになったでしょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ukishima2060.blog76.fc2.com/tb.php/87-c86cfee6
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。